臨床検査科

国立病院機構宇都宮病院の臨床検査科は現在、臨床検査科長、臨床検査技師9名、検査助手1名で対応しています。

臨床検査は尿一般、血液・凝固、生化学、免疫、感染症、病理、細菌等を検査する検体検査部門と、心電図、呼吸機能、聴力、超音波等を検査する生理検査部門があります。

それぞれの検査は患者様の健康状態の把握や、病気の早期発見や予防、治療のために迅速で正確な報告が要求されており、プロフェッショナルとしての自覚と熱意をもって日々の業務にあたっています。

一般検査部門

主な整備機器

全自動尿分析装置 

検査項目

尿検査:糖、蛋白など尿中に出てくる物質や細胞・結晶等を調べ、主に尿路系疾患のための検査をしています。

便潜血反応:消化管からの出血があるかどうかの検査をしています。

虫卵検査:寄生虫がいるかどうか検査しています。

髄液検査:脳脊髄液中の性状を調べます。

血液検査部門

主な整備機器

全自動血液検査装置

全自動血液凝固測定装置

検査項目

血液・凝固検査:白血球、赤血球、ヘモグロビン量、血小板、血液像、凝固、線溶系等を調べ、貧血・炎症・出血の原因・血液疾患等の診断に必要な検査をしています。

輸血検査:輸血に関しては、血液型検査、交差適合試験(輸血を受ける患者さんに安全な血液を提供するための検査)、不規則性抗体検査(ABO式血液型以外の血液型に対する抗体を調べる検査)を行っています。

生化学・免疫血清検査部門

主な整備機器

全自動生化学分析装置

全自動グルコース測定装置

グリコヘモグロビン分析装置

全自動免疫測定装置

検査項目

生化学検査:AST,ALT,LDH,ALP,γ-GTP,CHE,CK,AMY,T-Bil,D-Bil,TP,ALB,CRE,BUN,Na,

K,Cl,Ca,IP,Fe,TIBC,UIBC,T-CHO,HDL-C,TG,LDL-C,CRP,RF,血糖,HbA1c,アンモニアなど

甲状腺検査、腫瘍マーカー検査、感染症検査:TSH,FT3,FT4,AFP,CA19-9,CEA,HBs抗原,HCV抗体など

微生物検査部門

提出された材料(喀痰、尿、血液、便など)から感染症の原因となる病原菌を特定し、その病原菌に対して有効な薬剤を調べる検査を行っています。

一般細菌検査(大腸菌、ブドウ球菌、肺炎球菌、緑膿菌等)

抗酸菌検査(結核菌、非結核性抗酸菌)

主な整備機器

自動機器:細菌検査自動分析装置、血液培養装置、遺伝子検査(PCR)装置

検査項目

 尿、便、喀痰など多種材料で検査を行っています。

病理検査部門

検査項目 

病理組織検査:手術や内視鏡で採取された材料から標本を作製し、顕微鏡て゜観察し、腫瘍や炎症などの診断をする検査です。 

細胞診検査:喀痰、尿、胸水、腹水、乳腺、甲状腺などのしこりから採取された材料から標本を作製し、悪性腫瘍の有無を検査します。

生理検査部門

主な整備機器 

心電計

ホルター解析装置

脈波計

呼吸機能測定装置

筋電計

超音波診断装置

脳波計

聴力測定装置

トレッドミル

睡眠時無呼吸検査 

検査項目 

心電図検査:不整脈、狭心症、心筋梗塞等の診断に役立ちます。

脳波検査:大脳の活動電位を頭皮の上から誘導して記録し調べます。

呼吸機能検査:喘息、肺気腫等の診断に役立ちます。

超音波検査:超音波を利用して、腹水・甲状腺・乳腺・血管等を観察します。

睡眠時無呼吸検査:寝ている間の呼吸の状態を調べます。