平成29年度 国立病院機構 宇都宮病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 27 51 50 114 195 545 714 609 191
平成29年4月1日~平成30年3月31日の期間で、当院にて入院治療をされた患者年齢層別の人数を示したデータです。
患者層の約80%が60歳以上であるのが特徴です。
「地域の頼れる医療機関」として、他医療機関・他施設と密な連携を取りながら地域医療に貢献しています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 24 9.38 7.87 0 62.25
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 24 3.08 4.47 0 67
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 8.36 8.98 4.55 64.91
040081xx97x0xx 誤嚥性肺炎 手術あり 手術・処置等2 なし 21 20.95 40.34 85.71 69.81
060335xx02001x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 20 14.35 14.02 5 67.55
平成29年4月1日~平成30年3月31日に外科で入院治療を行った診断群分類別疾患別上位5疾患のデータです。
消化器系疾患の患者数が多いのが特徴です。
また、他病院より誤嚥のリスクが高い患者に対する胃瘻造設依頼の入院患者も多く、他病院・他施設との密な連携を取りながら治療を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 94 40.43 25.09 0 74.72
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 58 46.28 23.14 0 68.16
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 44 61.2 22.44 6.82 81.55
070230xx97xxxx 膝関節症(変形性を含む。) その他の手術あり 32 8.25 8.83 0 66.75
070343xx99x00x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 32 7.66 11.34 0 69.81
平成29年4月1日~平成30年3月31日に整形外科で入院治療を行った診断群分類別疾患別上位5疾患のデータです。
膝関節及び股関節疾患の患者が多いのが最大の特徴です。
当院での治療を希望し、遠方より来院される方も多数いらっしゃいます。
また、手術後に地域包括ケア病棟へ転棟し、リハビリをしっかり行うのも当院の特徴であり、退院後安心して日常生活が送れるお手伝いをしています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 37 35.11 20.83 5.41 83.95
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 26 31.15 19.65 11.54 74.92
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア2 22 23.05 15.12 0 84.91
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 21.38 17.71 4.76 83.76
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 20 4.7 3.59 0 74.75
平成29年4月1日~平成30年3月31日に呼吸器内科で入院治療を行った診断群分類別疾患別上位5疾患のデータです。
地域の特性や、施設入所中の方の受け入れに積極的に対応している事などから、高齢者の肺炎患者が多いのが特徴です。
慢性的な肺疾患・心疾患の患者が多い事・地域包括ケア病棟を活用してリハビリを行い、在宅復帰を目指している患者が多い事から、在院日数が長期化しやすい傾向にあります。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 10 9.5 7.87 0 65
150020xxxxx0xx 細菌性腸炎 手術・処置等2 なし - - 7.27 - -
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 7.21 - -
060140xx99x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 8.83 - -
060350xx99x00x 急性膵炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 11.5 - -
平成29年4月1日~平成30年3月31日に消化器内科で入院治療を行った診断群分類別疾患別上位5疾患のデータです。
幅広い消化器疾患に対応しています。
患者年齢層が他診療科に比べて低く、在院日数も短い傾向にあります。

★該当人数が10人以下の場合、非公開とし「-」で表示されています。
糖尿病科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85歳未満 18 22.89 11.16 0 62.67
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 17 25.18 14.27 5.88 60.29
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 22.91 20.83 0 90
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 17.71 - -
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 - - 14.63 - -
平成29年4月1日~平成30年3月31日に糖尿病内科で入院治療を行った診断群分類別疾患別上位5疾患のデータです。
注射薬導入目的・手術前の血糖コントロール目的で入院される方が多くを占めています。
患者さんの病態や生活環境・目的に最も適した治療を行っており、栄養指導にも力を入れています。

★該当人数が10人以下の場合、非公開とし「-」で表示されています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 30.54 20.83 23.08 78.69
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし - - 12.34 - -
010060x2990200 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 3、4又は5 - - 20.12 - -
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 17.71 - -
030410xxxxxxxx めまい(末梢前庭以外) - - 5.3 - -
平成29年4月1日~平成30年3月31日に神経内科で入院治療を行った診断群分類別疾患別上位5疾患のデータです。
高齢・脳梗塞後遺症・神経難病等から誘発される誤嚥性肺炎の患者数が多いのが特徴です。
また、地域の特性や積極的に救急患者を受け入れている事から、幅広い疾患の入院治療にも対応しています。

★該当人数が10人以下の場合、非公開とし「-」で表示されています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 15 - - 17 - 11 1 7
大腸癌 - 14 - 34 - 26 1 7
乳癌 - - - 1 7
肺癌 - - - 14 - - 1 7
肝癌 - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌(胃・大腸・乳房・肺・肝臓に発生した癌)における、平成29年4月1日~平成30年3月31日までに当院で入院治療を行った患者につき、
癌の進行度別に人数を示したデータです。
(癌の進行度は、stageⅠ(初期の状態)からstageIV(一番進行が進んでいる状態)の4段階に分かれています)
胃・大腸の癌の患者割合が多いのが特徴です。
当院は平成24年12月には地域がん中核病院の指定を受け、 早期がんに対する内視鏡的治療から末期の緩和ケアまで幅広い病態の方に対応しています。
患者さんのQOL(生活の質)を大切にしながら一人一人に寄り添った、最適な医療を提供しています。

★該当人数が10人以下の場合、非公開とし「-」で表示されています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 74 20.68 80.2
重症 18 29.06 81.94
超重症 - - -
不明 - - -
平成29年4月1日~平成30年3月31日までに当院で肺炎に対し入院治療を行った患者数を、重症度別に示したデータです。
当院では中等度~重症の方まで、一人一人の病状・日常生活動作(ADL)に合わせて、最善の治療を行っています。

★該当人数が10人以下の場合、非公開とし「-」で表示されています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 19 42.53 80 21.43
その他 - - - -
平成29年4月1日~平成30年3月31日に当院で脳梗塞に対し入院治療を行った患者数を、発症までの期間別に示したデータです。
急性期発症の脳梗塞に対し、一日でも早く発症前或いはそれ以上の日常生活動作(ADL)に戻れるように投薬やリハビリを中心とした医療を提供しています。
また、必要に応じてリハビリ病院への転院紹介行うなど、患者さんの状態に合わせた最善の医療提供を行っています。

★該当人数が10人以下の場合、「-」で表示されています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 63 4.92 10.17 3.17 66.57
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 43 1.74 3 0 67.93
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 38 1.16 1.29 0 72.53
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 37 6.35 12.35 81.08 70.27
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 22 1.64 9.5 18.18 49.91
外科では、患者さんへの身体的負担の少ない腹腔鏡や内視鏡による手術施行に力を入れています。
襲撃の少ない腹腔鏡下での手術を積極的に行う事で、早期退院・早期回復を可能にした最適な医療が受けらる体制を整えています。

★手術実績は、平成29年4月1日~平成30年3月31日に当院が厚生労働省へ提出しているデータで「医療資源を最も投入した傷病名」の診療科(入院治療を行った主診療科)での統計データです
"
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 等 160 1.7 41.59 0 72.28
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 等 37 1.05 6.84 0 65.16
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 30 4.17 22.07 0 70.47
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 29 3.34 25.79 0 68.93
K0542 骨切り術(下腿) 26 1.08 46.65 0 68.96
整形外科の最大の特色は、人工関節置換術の実績です。当院での手術を希望し、県外より来院される患者さんも多くいらっしゃいます。
人工関節を入れずに治療が可能と判断される患者さんについては骨切り術を施行し、患者さん個々の症状に対して最適な医療を提供しています。
脊椎系の手術実績についても、定評をいただています。

★手術実績は、平成29年4月1日~平成30年3月31日に当院が厚生労働省へ提出しているデータで「医療資源を最も投入した傷病名」の診療科(入院治療を行った主診療科)での統計データです。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 54 0.13 1.04 1.85 67.59
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) - - - - -
K6534 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(その他) - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
消化器内科で最も多い手術は、ポリープの大きさが直径2cm未満の 内視鏡的大腸ポリープ切除術です。
入院当日に内視鏡によってポリープ切除を行い、早期退院・早期社会復帰を可能にしています。

★手術実績は、平成29年4月1日~平成30年3月31日に当院が厚生労働省へ提出しているデータで「医療資源を最も投入した傷病名」の診療科(入院治療を行った主診療科)での統計データです。
★該当人数が10人以下の場合、非公開とし「-」で表示されています。
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 - - - - -
K7191 結腸切除術(小範囲切除) - - - - -
K496-4 胸腔鏡下膿胸腔掻爬術 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
誤嚥のリスクが高い患者や、他疾患を発症した患者に対して他診療科と連携を取りながら、必要に応じた手術を行っています。

★手術実績は、平成29年4月1日~平成30年3月31日に当院が厚生労働省へ提出しているデータで「医療資源を最も投入した傷病名」の診療科(入院治療を行った主診療科)での統計データです。

★該当人数が10人以下の場合、非公開とし「-」で表示されています。

神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術 - - - - -
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
誤嚥のリスクが高い患者さん・他疾患を発症した患者さんに対して、他診療科と連携を取りながら必要に応じた手術を行っています。

★手術実績は、平成29年4月1日~平成30年3月31日に当院が厚生労働省へ提出しているデータで「医療資源を最も投入した傷病名」の診療科(入院治療を行った主診療科)での統計データです。

★該当人数が10人以下の場合、非公開とし「-」で表示されています。 "
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0462 骨折観血的手術(下腿) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
入院中に治療が必要と判断された疾病に対し、他診療科と連携を取りながら必要に応じた手術を行っています。

★手術実績は、平成29年4月1日~平成30年3月31日に当院が厚生労働省へ提出しているデータで科)での統計データです。
「医療資源を最も投入した傷病名」の診療科(入院治療を行った主診療)での統計データです。

★該当人数が10人以下の場合、非公開とし「-」で表示されています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 30 1.2
異なる 17 0.68
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
平成29年4月1日~平成30年3月31日に当院で重篤な感染症や手術等の合併症に分類される疾患で入院治療を受けた患者人数を示したデータです。
当院は、敗血症等重篤な状態の患者の受け入れ・救命措置も積極的に行っています。
また、入院中は免疫力の低下など予期せぬ要因で合併症を発症する場合があります。
この発症は、残念ながら臨床上ゼロにはなり得ないものの、発症率を限りなくゼロ抑える事が医療機関には求められてます。
当院では、治療を行う際には常に細心の注意を払う事は勿論・注意深く患者さんの状態を観察して様態に合わせた迅速な対応をし、合併症の発生を最小限にしています。

★入院の原因となった同じ疾患で退院した場合を「同一病名」 入院の原因となった疾患とは異なる新たな感染症を発症・治療を行い退院した場合を「異なる病名」と表現しています。
★該当人数が10人以下の場合、非公開とし「-」で表示されています。
更新履歴