平成27年度 NHO宇都宮 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1 32 68 70 136 223 642 819 634 135
平成27年4月1日~平成28年3月31日の期間で、当院にて入院治療をされた患者年齢層別の人数を示したデータです。
60歳以上の年齢層が多い傾向にあり、地元の方の頼れる医療機関としてより良い医療を提供出来るよう日々邁進しております。
当院は地域に密着した医療機関であり、他院からの受け入れも積極的に行っております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
当院は、平成28年4月1日よりDPC算定病院へ移行したため、当該データにつきましては来年度よりの情報公開を予定しております。
(今回の情報公開対象期間が、平成27年4月1日~平成28年3月31日入院患者のため)
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 23 5 7 21 1 21 1 7
大腸癌 18 23 19 107 7 39 1 7
乳癌 4 6 10 1 1 2 1 7
肺癌 5 7 31 2 12 1 7
肝癌 3 1 1 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌(胃・大腸・乳房・肺・肝臓に発生した癌)における、平成27年4月1日~平成28年3月31日までに当院で入院治療を行った患者につき、 癌の進行度別に人数を示したデータです。
(癌の進行度は、stageⅠ(初期の状態)からstageIV(一番進行が進んでいる状態)の4段階に分かれています)
当院は胃・大腸の癌の患者割合が多いのが特徴です。
早期がんに対する内視鏡的治療から、末期の緩和ケアまで患者さんの状態に併せた最善の治療を行っております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 17 13.18 54.18
重症度 1 39 17.03 75.44
重症度 2 23 25.39 80.13
重症度 3 12 34.08 84.42
重症度 4
重症度 5
不明
平成27年4月1日~平成28年3月31日までに当院で肺炎に対し入院治療を行った患者数を、重症度別に示したデータです。
肺炎の重症度は5段階に分けられ、当院では軽度~中等度重症の方まで幅広く治療を行っております。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 15 30.40 78.73 14.29%
その他 6 37.50 79.50 14.29%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
平成27年4月1日~平成28年3月31日に当院で脳梗塞に対し入院治療を行った患者数を、発症までの期間別に示したデータです。
当院では、急性期発症~慢性期まで対応すると同時に、他医療機関との連携を密にし患者さんにとって最善の医療を提供出来るようにしております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 70 7.13 9.41 7.14% 68.56
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 67 1.54 1.34 0.00% 70.51
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 46 1.28 2.46 0.00% 61.37
手術実績は、平成27年4月1日~平成28年3月31日に当院が厚生労働省へ提出しているデータで「医療資源を最も投入した傷病名」の診療科(入院治療を行った主診療科)での統計データです。
診療科間で密な連携を図り、患者さんにより良い医療を提供させて頂いております。

<外科>当院では患者さんへの身体的負担の少ない腹腔鏡や内視鏡による手術施行に力を入れております。
また、がん治療も積極的に行っております。実績は以下の通りです。

【胃がん:合計30件】(主な手術の内訳は以下の通りです)
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 8 件
K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術) 9 件
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 5 件
K6572 胃全摘術(悪性腫瘍手術) 5 件

【大腸がん:合計47件】(主な手術の内訳は以下の通りです)
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 10 件
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 19 件
K740-21 腹腔鏡下直腸切除・切断術(切除術) 5 件
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 8 件
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 等 180 3.38 43.57 1.11% 72.84
K0542 骨切り術(下腿) 40 1.98 46.83 0.00% 63.68
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 等 27 1.26 9.33 0.00% 65.74
<整形外科>当院の最大の特色は、整形外科の人工関節置換術の実績です。当院での手術を希望し、県外よりいらっしゃいます患者さんも多いです。
人工関節を入れずに治療が可能と判断される患者さんについては骨切り術を施行し、患者さん個々の症状に対して最適な医療を提供しています。
また、今回の集計方法では掲載することができませんでしたが、脊椎系の手術実績を合算いたしますと合計97件です。(内訳は以下の通りです)

【脊椎】
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 7 件
K1421 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(前方椎体固定) 4 件
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 13 件
K142-21 脊椎側彎症手術(固定術) 7 件
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 24 件
K142-4 経皮的椎体形成術 6 件
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 22 件
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 5 件
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 82 1.29 1.06 0.00% 68.65
K7212 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 5 1 3.2 0.00% 61.80
K654 内視鏡的消化管止血術 4 4 9.25 0.00% 65.50
手術実績は、「医療資源を最も投入した傷病名」の診療科(入院治療を行った主診療科)での統計データです。
診療科間で密な連携を図り、患者さんにより良い医療を提供させて頂いております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.04%
異なる 2 0.07%
180010 敗血症 同一 12 0.43%
異なる 4 0.14%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる 1 0.04%
180040 手術・処置等の合併症 同一 8 0.29%
異なる
平成27年4月1日~平成28年3月31日に当院で重篤な感染症や手術等の合併症に分類される疾患で入院治療を受けた患者人数を示したデータです。
(手術・処置等の合併症 8症例の詳細内訳)
・中心静脈カテーテル感染症  3件   
・人工関節のゆるみ       2件
・後出血              1件
・MRSA術後創部感染    1件
・薬物性ショック         1件

私たち医療従事者は、常に細心の注意を払いながら患者さんに安全で適切な医療を提供しております。
しかし、残念ながら極少数とはいえ、手術等における合併症が発症してしまう症例があるのも事実です。
当院における、手術・処置等の合併症の分類に該当する疾患での入院患者 8症例の内訳は上記の通りです。
8症例全てが入院の契機となる疾患と同一である事からも、当院では安心・安全な医療を提供している事がご理解いただけると思います。
今後も、継続して患者さんに安全な医療提供に努めてまいります。
更新履歴
H28.9.29